2007年03月12日

旅人 〜奥の細道


月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり。



【 松尾芭蕉 『奥の細道』 】





永遠とは何か

ふとそんなことを考えてしまう。

また、人生も旅に喩えられる。
今、またこの言葉が浮かんだのは
僕自身が新たな旅立ちをひかえて
道祖神の招きにあっているのかもしれない。

この辞書の旅立ちにとっても
またとない言葉だろう。




posted by 深峰 旅雲 at 23:15 | Comment(0) | TB(0) | 今日の言葉 in 【BOOK】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36071381

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。