2007年04月02日

10代志学、20代は…


子曰、吾十有五而志乎學、
三十而立、四十而不惑、
五十而知天命、六十而耳順、
七十而従心所欲、不踰矩、


子曰わく、吾れ十有五にして学に志す。
三十にして立つ。四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。
七十にして心の欲する所に従いて、矩を踰えず。

【 孔子 in 『論語』 】



前々から思っていた。
15は学ぶ、30は立つ。

じゃあ20代は?
学ぶのと立つこと(独り立ち)の間だから、コツコツ経験を積む?
独り立ちするってことは手に職つけてるってことだから
全部の学問を学んでいるより専門職つけってこと?
後は修行ってこと?

一番悩むのは20代なのに。


そうか、20代は大いに悩め、ということか。

と、自分なりに結論づけた。
すると、先日購入した『高校生が感動した「論語」』の中ではこう訳してあった。


十五歳にもなったら将来のことを漠然とでもいいから考えるといい。
わたしは十五歳で学問で身を立てようと決意したよ。
二十代は試行錯誤が許されるが、三十歳になったら的を一つに絞るべきだ。
わたしは三十歳で独り立ちできるようになった。

【 佐久協 in 『高校生が感動した「論語」』 】



20代諸君。そして今日新生活をスタートしたみんな。
一緒に大いに悩み、試行錯誤し、マイペースでいいから目標を定めよう!
しっかり過程も考慮もしてね。孔子さまは目的よりも過程を大事にされますから!

posted by 深峰 旅雲 at 23:50 | Comment(0) | TB(0) | 今日の言葉 in 【諺】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37594923

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。